クリルオイルの成分と効果について

クリルオイルとは、南極オキアミという海中プランクトンの一種から取れるオイルのことをいい、ドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)が豊富に含まれています。DHAには中性脂肪を分解し、体内の悪玉コレステロールを減少させ善玉コレステロールを増加させる働きがあり、血流を良くすることで脳卒中や心臓病を予防する効果があります。EPAには、血栓を作らせず血液をさらさらにしてくれる働きがあり、高血圧を防ぐ効果があります。このように、クリルオイルのいちばんの効果は、生活習慣病の予防と改善にあります。また、クリルオイルには女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。クリルオイルに含まれるリン脂質は、月経前のイライラや肌荒れ、閉経時期のイライラや不安感・絶望感などの更年期障害を緩和させることに役立っています。生活習慣病やホルモンバランスを整えることにより、便秘が改善されたり肌荒れが改善されます。そのため、アンチエイジングやダイエット効果も期待されています。クリルオイルにはリン脂質が含まれているため、DHAやEPAの吸収率が、魚類や魚油を摂取するよりも高いとされています。南極オキアミはとても綺麗な海中で育っているためクリルオイルはとても安全性の高いオイルと言えます。