オメガ3脂肪酸の効果について

脂肪には、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類があり、飽和脂肪酸は牛肉や豚肉、乳製品の脂肪に多く含まれます。一方、不飽和脂肪酸は、オメガ3・オメガ6・オメガ9に分類される脂肪酸でベニバナやオリーブ、亜麻仁などの植物性の脂肪酸です。
飽和脂肪酸は、体内で合成できるので、食事から必ず摂取する必要はありません。しかし、不飽和脂肪酸であるオメガ3とオメガ6は、体内で作ることができないので、食事など外部から摂取しなければいけない油とされています。
では、これらの油にはどのような効果があるのでしょうか。
オメガ3脂肪酸には、血液中の脂質濃度を下げる効果があるとされています。中性脂肪やコレルテロールを下げり、動脈硬化や心筋梗塞を予防することが可能です。そのほか、高血圧や脂肪肝の予防にも期待できます。生の青魚やえごま油、くるみなどの食品に多く含まれます。
また、オメガ3脂肪酸は、熱に弱いので加熱するには適しませんので、えごま油などをスプーン一杯摂取したり、サラダにかけて食べることが望ましいです。
オメガ3脂肪酸は、食事から一日の必要摂取量を摂取することは難しいので、サプリメントなどを上手に活用すると良いです。